So-net無料ブログ作成
翻訳記事 ブログトップ

再生可能エネルギーだけじゃない、人類が目指す新しいエネルギーシステム [翻訳記事]

今日は翻訳記事第3弾。

ちょっと学術系の、エネルギーに関する英語の記事の紹介をしてみたいと思います。

紹介するのはこちらの記事。
Energy in the Next 30 Years
「次の30年のエネルギー」
https://ezinearticles.com/?Energy-in-the-Next-30-Years&id=9903662

私たちの生活に欠かせない、「電力」を生み出すエネルギーシステムについてです。

denkyuu_eco.png

記事では、近い将来に起こるであろうエネルギー革命は、19世紀から20世紀にかけての石油による革新と同じくらい大規模なものになるとしています。

そのエネルギーとは、再生可能エネルギーと水素燃料に基づいているものです。
しかし、それらだけでなく、システム自体の分散化・効率化が進むことが重要です。
それらが合わさって、新しいエネルギーシステムとなるのです。

このようなエネルギーシステムは、実は既に世界の多くの地域で出現し始めています。

石油の枯渇や地球温暖化問題が深刻な段階に達している現在では、新しいエネルギーシステムに移ることは人類にとって緊急の課題と言えます。
各国は、強いリーダーシップによって新しいエネルギーシステムへの転換を進めなければ、国際的な経済競争に遅れを取り、政治的信頼を落とすことすら考えられるのです。

その新しいエネルギーシステムとは、以下の特徴を持つものです。

1. 効率的なエネルギー消費:
照明、調理、暖房、移動などといった分野の技術進歩によりエネルギー効率が上がるため、産業において同じサービスを得るのに必要なエネルギー量は減少します。

2.天然ガス:
天然ガスは最もクリーンで最も成長が著しい化石燃料といわれています。
化石燃料なので、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出は避けられませんが、石油などの燃料と比べると排出量が少ないのです。天然ガスは、最近では価格が上昇しているにもかかわらず、発電用の燃料の選択肢となっています。天然ガスのこれからの課題は、地熱発電やマイクロパワー技術と組み合わせてシステムとして効率的な新しい用途を開発することです。

3.原子力:
原子力発電のコストは、現在電力市場に存在する他のエネルギー源のコストの約2倍です。この高額な費用が、近年の反対運動と相まって、世界中で停止する原子力発電施設が続出しました。日本では、東日本大震災の福島第一原子力発電所の件も、まだ解決したとは言えませんよね。世界中の投資家が、資金を原子力に投入することを嫌がっていると言えます。それでも原子力発電は今でも主要国の主要なエネルギー源ですが、それにはリスクがあります。核分裂プロセスは有害な放射線の発生を引き起こし、それをどう押さえ込むか、核廃棄物をどう処理するかは課題として残っています。
しかし、原子力から安全にエネルギーを取り出す研究は確実に進んでいます。現在存在する、核分裂による発電ではなく、「核融合」を通じてエネルギーを生み出すために、研究が行われています。核融合のエネルギーは核分裂の何千倍にもなり、化石燃料と違って発電による温室効果ガスの発生はありません。最初の核融合発電所ができるまでには、まだ20年、30年、あるいは50年とも言われていますが、安全な技術が確立されれば社会の重要なインフラとなるでしょう。

4. 再生可能エネルギー:
風力と太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーは、世界的に毎年2桁もの成長率で成長しています。これは主に、風力タービンやソーラーパネルを使ったエネルギー生産に関連するコストがここ数年で劇的に小さくなったことが大きな要因です。ただ、発電量が環境に左右され、供給力が不安定なため、再生可能エネルギーが人類の主要な電力基盤として利用可能になるまでにはさらに20年かかると言われています。しかし、今や世界中で膨大な量が使われている石油ですら、初めはニッチ市場で最初に出現し、その後急速に成長したのです。


総じて、これらの新しいエネルギーシステムの利用は拡大しています。いつかはクリーンで安価なエネルギー源を活用しなければ、人類の抱えるエネルギー問題は解決できないのです。

もはや人類が電力なしで今の社会を維持することは不可能ですので、新しいエネルギーの技術進歩をどこまで進められるかは、人類全体の課題といえます。

denryoku_kaisya.png

タグ:エネルギー
nice!(233)  コメント(4) 

体にとても良い、桃とバナナの相互作用 [翻訳記事]

今日は翻訳記事第2弾ということで、Ezine Articlesで気になった英語の記事の紹介をしてみたいと思います。

紹介するのはこちらの記事。
https://ezinearticles.com/?What-to-Have-for-Lunch?-Try-Peaches-and-Banana&id=9981229

「お昼に何を食べようか迷っているなら、桃とバナナはどうでしょう?」です。
(What to Have for Lunch? Try Peaches and Banana)

ちょっと物足りないかもしれませんが、栄養素としては非常に優れているのだそうです。
ダイエット中なら、とても良さそうですね。

桃とバナナは、ビタミンやミネラルが豊富で、老化を防ぐ抗酸化作用もあります。

現代の、オフィスなどで座る時間の長い仕事をしている人々は、お昼にファーストフードなどの高カロリー食を食べてしまうとたちまちカロリーの過剰摂取になってしまいます。

そこでフルーツをお昼に採ることがおすすめですが、特に桃とバナナは体に良く、さらに相互の相性がとても良いのです。

桃とバナナは、お互いを補完するような働きをします。

fruit_momo.png

桃は、体、顔、肌の外観をリフレッシュすることができ、さらに老化プロセスを遅らせる働きがあります。
桃は栄養価が高く、たくさんのビタミン、ミネラル、抗酸化作用を持つ栄養を含んでいます。
桃のこのような特徴は、実はあまり知られていないのではないでしょうか。


banana_kawa_muke.png

バナナは世界中で非常に人気があり、広く行き渡っている果物なので、よく食べる人も多いのではないでしょうか。
青かったり、熟しすぎたりしないように、黒い斑点が出てきたくらいのタイミングで食べるのが良いです。
そして皮を簡単に剥がすことができるのも良いですよね。

桃のように、バナナはビタミン、ミネラル、抗酸化物質を含んでいます。


私はデスクワーク中心の生活なので、お昼にはアーモンドナッツを食べることが多かったです。
しかし、ナッツだけではおなかが満たされないので、お菓子を食べてしまうこともしばしば・・・。

例えば、桃2つとバナナ2つを食べればかなりおなかが満たされます。
標準的なサイズの桃は、約70カロリーなので、2つで、140カロリー。
バナナは約150カロリーなので、2つは300カロリーとなります。

合計で約440カロリーになります。
ダイエット中の方でも、罪悪感なく食べられる量ではないでしょうか。

ただし、桃とバナナは他の甘いフルーツ同様に糖を豊富に含んでいますので、お菓子よりは良いと思いますが、食べ過ぎには注意しましょう。


タグ:桃とバナナ
nice!(139)  コメント(4) 

ホワイトチョコレートはチョコレートなのか?ホワイトチョコレートの発祥と新しいチョコ [翻訳記事]

今日は新しい試みとして、英語で気になった記事の翻訳をしてみたいと思います。

ezinearticles.com
こちらのサイトは、アメリカの自由投稿(?)サイトで、様々な記事が投稿されています。

今日、紹介するのはこちらの記事。

ホワイトチョコレートはチョコレートと呼んで良いのか?」です。
(Can White Chocolate Really Be Called Chocolate?)

確かに、チョコレートはカカオから作られ、黒くなるはずですから、白いホワイトチョコレートはどうなのか、というのは言われてみれば気になるところです。

sweets_chocolate_white.png

ホワイトチョコレートは牛乳などの乳成分を主成分としているため、実際にはチョコレートではないと、この記事では言っています。

つまり、主成分がカカオではないということです。ホワイトチョコレートは、パーム油や、他の成分、特に多くの甘味料を含みます。ココアバターという成分が、ホワイトチョコレートのクリーミーな質感と色を作っています。


では、ホワイトチョコレートは誰が最初に作ったのでしょうか?

これは、世界的なチョコレートメーカーのネスレだったようです。

ネスレは、1936年にスイスで初めて商業的にホワイトチョコレートの生産を始めました。

一説にはそのきっかけが、この時代には既に終結していた第一次世界大戦の間に作られた過剰な粉ミルクを使い果たすためだったという話もあります。
戦争が終わると、粉ミルクはもはや需要がなくなったので、新しいお菓子に変えてしまうことは余剰を使い果たす一つの方法だったのです。

さらに、通常のチョコレートを生産するときに必要なカカオパウダーの製造時に、カカオ豆から抽出されるカカオバターも余っていて、ホワイトチョコレートはカカオバターを使い切るのにも一役買っていたといいます。
ココアバターは、今ではホワイトチョコレートの製造に使用されるだけでなく、化粧品や医薬品にも使用されています。

近年では、ホワイトチョコレートの人気や使用の幅が広がったことで、カカオバターの価格が2005年から2015年の間に大きく上昇しました。
そこで多くのチョコレートメーカーはカカオバターをあまり使用せず、植物油な​​どの成分を代わりにホワイトチョコレートに使用するようになりました。

さらに、最近ではピンクのチョコレートなども見ることがありますよね。

ホワイトチョコレートの人気を受けて、チョコレートメーカーは消費者に受けるような新しい味や見栄えの商品を試しているのです。

例えば、ターメリック、ザクロ、マンゴー、トウガラシ、ライム、ローズマリー、海の塩、さらにはタイカレーのエビなどで風味付けすることが試行されています。

これらの材料を使うことで、なんとホワイトチョコレートは、乳製品ではない豆乳や山羊の乳で作ることもできます。

レモンオイルや塩レモンを使ったチョコレートも売られています。

あるドイツのチョコレートメーカーは、チョコレートの中にケールという野菜とマスタードを入れ、さらにブロッコリーとシチリア産のアーモンドを組み合わせたチョコレートを販売しています。
他にも、ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーを加えたものもあります。

本当にホワイトチョコレートは、他の食材を加えるのに向いていると言えるのです。

黒ゴマ、バニラ、抹茶が入ったホワイトチョコレートもありますが、これは白ではなくグレーに近い色をしています。

他の組み合わせとしては、za'atar(中東のブレンドスパイス)や、オレンジの砂糖漬け、ピスタチオを使うものもあります。


ホワイトチョコレートの見た目として、非常に明るい白のものは、漂白処理されていて、おそらく臭い消しの処理もされています。
そのままのホワイトチョコレートはやや黄色がかっているからです。

購入する前にラベルを読むと良いです。
純粋なホワイトチョコレートとしては、カカオバター、砂糖、粉乳、バニラやレシチンのみを含むものを買うことをお勧めします。

ただ、チョコレートメーカーが創意工夫を凝らして開発している新しいチョコレートを試してみるのも、楽しいかもしれませんね。


nice!(17)  コメント(0) 
翻訳記事 ブログトップ